まだ無料登録していない方はこちらから↓
アマゾンプライム30日間無料体験

【都会や住宅街の方必見】電気コード式芝刈機おすすめ6選

草刈機
スポンサーリンク
ナッシー
ナッシー

初めまして。田舎育ち36年で家庭菜園4年目のナッシーです。住宅街の中で整体院を運営していて、庭に芝が生えています。

芝刈機欲しいけど、どんなのがあるんだろう?

おすすめってあるのかな?

とお考えの方に向けて書いた記事です。

記事の中では、電気コード式芝刈機を紹介します。

記事内では、6つのコード式芝刈り機を紹介します。

筆者が運営している整体院の庭に芝を植えてあるんですが、

4月~9月までは、梅雨もありますし芝が物凄いのびてきます。

もちろんカマでかっていては、時間ばかり掛かってしまい作業効率が悪くなるし、姿勢が悪くなり腰や膝を痛めてしまいます。

もちろん少しのスペースであればバリカンタイプで芝を刈るという事も出来ますが、

庭となると少し厳しい気もします。

そこで今回紹介するのが、電動コード式芝刈り機です。

芝刈り機とは

一般的に草刈りをするのは草刈り機を使用しますが、

芝を刈るのが専門なのが芝刈機です。芝刈機も大きく分けると

・手動式

・電動式(コードタイプと充電タイプ)

・エンジン式

と分けられます。

それぞれ特徴があります。

更に刈り取り方(刃の形状)も

・リール式

・ロータリー式

と分かれています。

刃の形状リール式

出典:https://www.amazon.co.jp/

リール式とは、リールカッターと呼ばれる螺旋状の刃がついている筒の形をしている部分と

ベットナイフと呼ばれる固定部分を擦り合わせて芝を刈っていくタイプです。

【リール式メリット】

ある程度の芝なら短く綺麗に刈れる

【リール式デメリット】

長い芝は得意じゃない

刃のメンテナンスが少し手間

と言った特徴があります。

刃の形状ロータリー式

刃を高速回転させて刈り取るタイプ

【ロータリー式メリット】

・長い芝も刈れる

・スピードが早い

・お手入れが楽

【ロータリー式デメリット】

・仕上がりが少し粗い

と言った特徴があります。

面積の計算

実際にうちの広さにはどれが良いのだろう?と言う事で、

1坪=3.31m

例えば

5坪=16平米。10坪=33平米。30坪=99平米。60坪=198平米。100坪=331平米。

と言った計算ができます。

エンジン式芝刈りとは

エンジン式芝刈り機は、燃料にガソリンを使用して作業する芝刈機です。

【芝刈面積(坪数)が60坪~】

芝刈り面積が広いお庭や畑周りなど、広いエリアを作業するのに向いています。

手動式芝刈りとは

手動式草刈り機は、人力で手で押して芝を刈るタイプです。

近所迷惑にならないように音をだしたくない。刈る面積が少ない方におすすめです。

【芝刈り面積(坪数)が30坪以内目安】

電動式芝刈り機とは

今回紹介する電動式芝刈りは、電気を動力に動く芝刈機です。おもに充電式とコード式に分かれます。

【芝刈り面積(坪数)が30~100坪以内】

におすすめの芝刈り機です。

手動に比べると少し価格も高くなりますが、

手で押す以外は、機械作業ですので作業効率があがります。

電気コード式芝刈り機

その中でも、今回紹介するのが電気コード式です。

【メリット】

① 燃料を入れる手間やコストが無い

② 充電をする手間が無い

【デメリット】

① コードが邪魔にならないように気にしながら作業する

などのメリットやデメリットがあります。

電気コード式芝刈り機おすすめ商品

リョービ LM-2310 リール式

アイリスオーヤマ G-200N


アイリスオーヤマ 電動芝刈り機 刈り込み幅200mm 3段階調節可能 G-200N

マキタ MlM2301 ロータリー式

マキタ MLM1610 ロータリー式 たて型

山善 YDR-201 ロータリー式

高儀 GLM-100 リール式

まとめ

以上。

いかがだったでしょうか?

電気コード式は手軽に使用できるから良いわよね。

↓こちらは芝刈り機をまとめた記事です。合わせてお読みください。

【決定版】•手動式•電気コード式•充電式•エンジン式芝刈り機のまとめ
芝刈機【草刈り機】の【充電式】【電気コード式】【充電式】【エンジン式】を説明しながらまとめた記事です。

↓こちらは草刈り機のまとめサイトです。合わせお読みください。

【おすすめ】欲しい草刈り機や芝刈り機やヘッジトリマーやチェーンソーが見つかる【まとめ】説明付き13記事
筆者作成の草刈り機おすすめ記事やチップソーやナイロンカッターのおすすめなどをまとめた記事です。初心者や女性必見です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました